大人気のワークが大衆性がありすぎる